妊婦健診

経過が正常でも定期的な診察・検査をおすすめします

妊婦健診は妊娠の経過が順調であることを確認するとともに、お産のリスクや胎児の異常を早期に発見するためのものです。 妊娠・出産への理解が広まり、公費で健診が行えますので、定期的に受診することをお勧めします。

妊婦健診について

妊婦健診は、お母さんと赤ちゃんの健康状態を調べる大切な健診です。妊娠の経過が正常であると思っても、定期的に診察・検査を受けましょう。

里帰り出産をご希望の方は、前医と相談の上、32〜34週頃を目安に受診してください。

妊娠23週まで4週間に1回の受診
妊娠24~35週まで2週間に1回の受診
妊娠36週~1週間に1回の受診
妊娠40週~4日に1回の受診

健診の内容

毎回、検尿と血圧・体重の測定・浮腫(むくみ)のチェックを行います。
超音波で胎児の発育の評価や異常のチェックも行います。定期的に血液検査などもあります。
相談や質問など、お気軽におたずねください。

健診の費用

「母子保健のしおり」にある健診の無料券で、妊婦健診が無料になります。妊娠・出産への理解が広まり、妊婦健診がほとんど無料で行えます。無料券は健診のときに受付に提出してください。県外の方は無料券が使えません。償還払いとなりますので、必要書類を住民票のある市町村でご確認ください。
無料券で補えない場合や、保険診療を行う場合は別途に診療費がかかりますので、受付でご説明します。

PAGETOP