分娩について

分娩(お産)をされる方へ

分娩(お産)は、あなたのおなかの中で9カ月かけて大切に育て命を生み出す大事なイベントです。
恵愛病院では、分娩に臨まれるあなたをいろいろな方法でサポートし、満足を得られるお産をめざしています。

分娩の方法

  • 自然な分娩:あなたの自然な陣痛で分娩の経過を支えます。
  • ソフロロジー法での分娩:ソフロロジー法(妊婦教室のぺージを参照)を用いて、心身ともにリラックスし、安定した気分で自然な分娩をめざします。
  • 無痛分娩:腰からの硬膜外麻酔を用いてお産の痛みを取り除き、心の余裕をもって分娩をめざします。当院では安全な麻酔管理を心がけており、安心して受けることができます。予定を組んで行う方法と陣痛が来てから途中に行う方法があり、どちらでも選べます。
  • 誘発分娩:予定日を1週間以上超えた場合や、お産を希望の日に行いたい場合は、相談の上、陣痛を起こしてお産をめざします。安全な方法で陣痛を起こしますので、安心して受けることができます。ただし、条件が揃わない場合は、できませんのでご了承ください。
  • 開業助産師さんによるオープンシステム:開業されている助産師さんが当院の施設を利用して、分娩をめざします。

いずれの方法でも、母児の安全性を最優先に考えて、安心できるお産に取り組んでいます。妊婦の方には、お産の方法についていろいろな考えがあると思いますが、できるかぎりご要望に沿った方法でお産のお手伝いをさせていただきます。

無痛分娩について

当院では、分娩時の痛みをできる限り和らげるためにソフロロジー式分娩を積極的に取り入れていますが、どうしても分娩時の痛みに我慢できない方には硬膜外麻酔を用いた無痛分娩を行っています。

対象は

  1. 痛みに弱く、陣痛に対して不安や恐怖感が強い方(希望者)
  2. 分娩進行不良で、体力消耗が強くストレスになっている方
  3. 妊娠高血圧症候群の方(血圧上昇が心配な場合)

※2. 3. は医学的に必要と思われる場合で、患者様のご希望がなくてもおすすめすることがありますが、多くは1.の場合です。

方法は、主に計画無痛分娩で、陣痛が起こる前に入院していただき、分娩誘発、硬膜外麻酔を行います。または、陣痛が始まってから、痛みがひどく、耐えられない場合に、硬膜外麻酔を行うこともありますが、この場合、患者様のご要望にお答えしたいのですが、夜間や日曜、祭日などマンパワーが足りない時は無痛分娩に対応できないこともあります。
麻酔は腰から背中に細いチューブを挿入し、薄い濃度の麻酔のお薬を持続的に注入し、お腹の痛みを取り除きます。分娩終了まで、お薬を使用し、終了後腰のチューブを抜きます。

当院においては、平成29年末までに500名以上の方が無痛分娩で出産されており、安全で満足いただける出産に心がけています。なお、無痛分娩を行った方の割合は平成29年で約13.3%(分娩件数 620名中83名)です。

PAGETOP